カフェインを摂ると眠れなくなるのはどうして?

カフェインを摂ると眠れなくなるのはどうして?

寝る前にコーヒーを飲むと、眠れなくなる。

これはよく言われていることですよね。

そして、朝の目覚ましとしてコーヒーを飲んでいる人も多いかもしれませんが、実はコーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があるわけではありません。

カフェインには、眠くなるための睡眠物質の働きを抑える作用があるので、「目覚めさせる」というよりは「眠れなくなる」というのが正しいです。

 

 

じゃあ、どうして眠れなくなるのか?

 

それにはまず、人の脳がどうやって眠るのかを知っておく必要があります。

 

人の脳は、朝起きた時点から睡眠物質が溜まり始めます。

睡眠物質が溜まると、今度はアデノシンという物質の働きが促進されます。

このアデノシンが次にGABAの働きを促進します。

 

GABAは聞いたことがある人も多いかも!

脳を覚醒させる物質(ヒスタミン)の働きを抑えてくれる作用があるので、

GABAが増えると脳が眠ってくれるようになります。

 

コーヒーに含まれるカフェインが眠れなくなるのは、

朝脳が目覚めたところから増える睡眠物質と、アデノシンの働きを

抑制してしまうから。

 

だから、カフェインを摂るのは15時頃までにしておくのがベストです。

それ以降にカフェインを摂取すると、

アデノシンが促進されない→GABAが増えない(脳が覚醒しっぱなしになる)→眠れない

 

こういうループに陥っちゃいます。

 

コーヒーを飲むと、脳の覚醒を抑える物質が増えない=眠れない。

カフェイン摂るなら、15時まで!これも覚えておいてくださいね。

戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun