これだけやって!朝の最強習慣

これだけやって!朝の最強習慣

眠れない、途中で目が覚める

睡眠の質を良くしたい・・・。

 

そんな人に推したい朝の最強習慣が「朝散歩」。

朝起きてから、1時間以内に散歩するだけ。

コレが最強なんです。

 

最強な理由

活動ホルモン「セロトニン」が活性化する

朝日を浴びて、一定のリズムで歩くことで、

脳内物質のセロトニンが活性化します。

 

この物質はやる気とか覚醒、気分に関わってくるホルモンで

セロトニンが低下してくると憂鬱な気分になりやすく。

 

そしてセロトニンは、夕方ごろから睡眠ホルモンの「メラトニン」を

作ってくれる材料になります。

だから、朝のうちにセロトニンを作っておくことが、

夜の眠りのために大事なんですね。

 

体内時計がリセットされる

人間の体のリズムと、地球の自転のリズムは同じではありません。

一日が24時間なのに対して、人間の体内時計は24時間とちょっとと言われています。

体内時計によって、睡眠、体温、消化、ホルモンバランスなどが調整されているので、毎朝リセットしてあげることが大切。

リセットされないままにしておくと、体内時計が徐々に乱れて

なんだかダルい・・・起きられない・・・眠れない・・・の原因に。

 

そこで活躍するのが、朝日です。

朝日には体内時計をリセットするチカラがあります。

 

 

朝の散歩はコレをやろう

次に朝散歩の効果的な方法をご紹介します!

 

朝起きてから1時間以内に散歩しよう

朝日を浴びると体内時計がリセットされますが、

睡眠ホルモンのメラトニンは体内時計がリセットされてから

15時間後くらいから分泌され始めます。

朝7時に散歩に出かけると、10時ごろに眠くなり始める計算です。

 

体内時計のリセット時間が遅くなればなるほど、

眠くなる時間も遅くなってしまうので、起きて1時間以内、

午前中の朝散歩を心掛けて!

 

時間は15〜30分

散歩の時間は15〜30分が目安です。

セロトニンは、朝日を浴びて15分ほどで活性化してくるからです。

慣れないうちは散歩を習慣にするために「まずは外に出ること」から

始めるのも手ですが、朝外に出ることに慣れてきたら

15分歩いてみましょう!

 

リズムよく歩く

走るのは苦手で・・・そんな人でも大丈夫です。

朝散歩は走らなくてもOK!

ただし、スマホをみながらダラダラ歩くのではなくて、

リズムよく歩いてくださいね。

 

歩く時のテンポの良い規則性のあるリズムが、

セロトニンを活性化させてくれます。

 

 

戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun