夕食が遅くなると眠れなくなる

夕食が遅くなると眠れなくなる

夕飯の時間、何時くらいですか?

夕飯の時間は、睡眠にものすごく関わりがあります。

眠れない理由は「ストレス」「自律神経」「栄養」、

いろんな要因があるけれど、夕食の時間もその一つ。

 

なぜ睡眠にとって大切なのか、解説していきます。

 

夕食を遅くに食べると、

食べ物を消化するためにバリバリとエネルギーを使います。

だから、寝る前に胃の中で大忙しで、

そのせいでなかなか寝付けなかったり、

夜中に目が覚めたりすることがあります。

 

そして、血糖値。

遅い夕食は血糖値を乱高下させることがあって、

夜中に目を覚まされる原因になることも。

特に糖分や脂肪の多い食事は要注意です。

 

さらに自律神経。

夕食を20時くらいまでに済ませると、

カラダのバランスを整えやすくなります。

自律神経はリラックスモードとアクティブモードを

切り替えているので、夕食を早くするとその切り替えがスムーズに行きます。

 

最後に、夜中の消化問題。

夕食を遅くに摂ると、寝る前にまだ胃の中に

食べ物が残ってる可能性が高いです。

それが逆流や不快感を引き起こして、

質の良い睡眠を妨げることにも。

 

つまり、夜遅くに夕食を食べないことは、

睡眠の質を上げるための小さな工夫の一つ。

 

自律神経、血糖値、消化、そして快眠のために、

夕食のタイミングに気をつけてみてください。

 

眠れない人や夜中に目が覚める人にとって、

役立つアドバイスになりますように!

戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun