睡眠と腸内環境の関係って?

睡眠と腸内環境の関係って?

睡眠と健康って、切っても切り離せない話ですよね。

最近の研究では、腸内環境と睡眠の質が

とっても関係があることがわかってきました。

今日は、腸内環境と睡眠の関係について深掘りしていきたいと思います!

 

脳と腸は結びついている

緊張すると、お腹が痛くなる。そんな経験ありませんか?

それって「脳腸相関」っていうんですが、

腸内の微生物(腸内フローラ)が、脳とコミュニケーションを取って

ストレスや気分に影響を与えると言われています。

 

この脳と腸の相互作用が睡眠にどのような影響を及ぼしているのか、

研究はまだ初期段階ですが、とっても興味深い関連性が浮かび上がっています。

 


腸内細菌と睡眠ホルモンの関係

メラトニンは、睡眠の調節に不可欠なホルモンです。

最近の研究では、腸内細菌が睡眠ホルモン(メラトニン)を作るのに

影響している可能性があると言われています。

 

腸内細菌が健康な状態だと、睡眠ホルモン(メラトニン)が

適切に作り出される。

だから、腸内環境を整えることが睡眠に影響するんですね。



睡眠を改善するための腸内環境のケア

睡眠の質を上げるために、

腸内環境を健やかに保つ方法は次のとおりです。

 

1. プロバイオティクスの摂取

 プロバイオティクスは、腸内環境を改善する微生物のこと。

 ヨーグルト、納豆、味噌や甘酒、ぬか漬けなどから摂ることができます。

 睡眠の質向上に役立ちます。

 

2. 食事の見直し

 食事も腸内環境に大きな影響を与えています。

 食物繊維を豊富に含む野菜、果物、全粒穀物などを、

 プロバイオティクスと一緒に摂ってください。

 また、糖分や過度な加工食品の摂取を減らすことも大切です。

 

3. ストレスのケア

 ストレスは腸内環境にも影響を及ぼす可能性があります。

 腸内環境にかぎたことではありませんが、ストレスのケアは

 睡眠に良い影響を及ぼします。

 自分が一番リラックスできる方法、瞑想、深呼吸を実践などで、

 ストレスを軽減してくださいね。

 

4. 規則的な生活リズム

 規則的な生活リズムを保つことは、

 腸内環境と睡眠の質に良い影響があります。

 例えば、お昼時になるとお腹が鳴るように、

 腸内にも体内時計が関わっていて

 食事を摂りたいと思う時間に影響を与えています。

 

 なので、同じ時間に寝て同じ時間に起きる習慣で

 体内時計を調整してあげることが大切になってきます。



腸内環境と睡眠の関係は、睡眠の質を上げるために

重要なキーワードの一つ!

腸内環境の改善で、質の高い睡眠を手に入れましょう。

戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun