飴を噛んじゃうのはセロトニンが不足しているサイン!?

飴を噛んじゃうのはセロトニンが不足しているサイン!?

飴を途中で噛むのはセロトニン不足?


飴を舐めてる時、ガリガリっと噛んじゃうことってありますよね。

何気ないことですが、実はこの行動に

脳内のセロトニンと深い関係があるんです!

 

この記事では、飴を途中で噛むこととセロトニン不足の

関連性について深掘りしていきます。



セロトニンとは何か?

まず、セロトニンについて簡単に説明しておきますね。

セロトニンは脳内で働く神経伝達物質の一つで、

私たちの気分や情緒を調整しています。

睡眠、食欲、学習、記憶などに影響を与えていて、

セロトニンの量が適切だと、気持ちが安定したりストレスが軽減されます。

 

不足するとどうなる?

セロトニンが脳内で不足すると、気分が低下したり、

不安、イライラ、食欲の乱れ、熟眠できないなどの症状が出てきやすくなります。

セロトニン不足はさまざまな要因によって引き起こさレますが、

生活習慣、食事、ストレスなどが影響しています。

 

飴を噛むとセロトニンが不足してる?

さて、飴を途中で噛むことがセロトニン不足と

どのように関連しているのでしょうか?

 

1. ストレス対処の一環

飴を噛む行動は、ストレスや不安の緩和の一つとして行われています。

セロトニン不足はストレス感の増加に関連していて、

飴を噛むことで不安を和らげようとする反応と関連があるかもしれません。


2. 食欲の調節

セロトニンは食欲を調節する役割があります。

セロトニンが不足することで、特に甘いものへの欲求が高まることがあり、

甘い飴をガリガリ食べることで、この欲求を満たそうとしているとも考えられています。

 

3. 気分の改善

飴を噛むことで、一時的に気分が高まることがあります。

セロトニンは朝の散歩のように、リズムのある運動をしているときに

分泌されやすい特徴が。

だから、気分を安定させるために、リズム運動としてガリガリ

一定のリズムで飴を噛んでいる可能性があります。

リズム運動で言うと、他にも机をコツコツ叩いたり、

ボールペンをカチカチ鳴らしたりするのも、

脳がセロトニンを補おうとしているサインかもしれませんよ!

 


まさか飴を噛む行動がセロトニンと関係しているなんて、驚きですよね。

セロトニンは私たちの気分や行動に大きな影響を与える

重要な神経伝達物質。

バランスを保つことが健康な生活にはとっても重要です。

不安やストレスを日常的に感じる場合は、専門家にも相談してみてくださいね。

セロトニン不足を解消して、健康な心と体を維持しましょうっ!

戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun