眠れない時は、日中の過ごし方を見直してみる

眠れない時は、日中の過ごし方を見直してみる

もし眠れない時に
夜の過ごし方だけを意識しているなら、
ちょっと生活全体を見直した方が良いサインです。

眠れないのは夜の過ごし方のせいだ、と
思っている人は多いんですが(私もそうでした)
実は日中こそが、夜眠るカギ。

「おやすみ」は「おはよう」から始まります。

地球は24時間で一日を刻んでいますが、
人間の体内時計は実は24時間ではありません。

諸説ありますが、24時間15分〜30分くらい。
地球の回転と、少しズレがあるんです。

そのまま行くと、毎日少しずつズレていってしまいます。
そのズレを毎日修正してくれているのが
「太陽の光」です。

太陽の光が目から入って、脳を刺激して、
ズレをリセットしてくれています。

そして太陽の光を浴びてから15時間後に
眠くなるようになっています。

朝起きた時から夜の睡眠が始まっているなんて、
朝ごはんの時に「夕飯何にする?」って聞かれているように
感じるかもしれませんね。


「おやすみ」は「おはよう」から始まります。

眠れるようになるには、
朝起きてから日中活動的に過ごすこと。
これが第一歩です。
戻る

コメントを残す

コメントは公開前に内容を確認いたします。