夜中に目が覚めたらどうするのがいい?

夜中に目が覚めたらどうするのがいい?

睡眠時間は人によってベスト時間が違います。

眠れないのも困るけど、長ければ長いほどいいわけでもありません。

 

特に年齢を重ねるほど必要な睡眠時間は減っていきますが

若い頃の自分と同じように睡眠時間を確保しようとすると

昔のように眠れない、とか途中で目が覚めたり、

眠りが浅くなったりします。

 

眠る時間を調整することで、目が覚めなくなる・・・ってことも

多いので、試してみてください。

 

 

さてさて、トイレに目が覚めたり、

夢を見たりして目が覚めることもありますとね。

その後、なかなか眠りに戻れないこともあります。

 

夜中に目が覚めたとき、どうすればいいのでしょうか?

このブログでは、夜中に目が覚めたときの

対処法について考えていきます。

 

一旦冷静になる

夜中に目が覚めたとき、最初にするべきこと。

それはまず冷静になること!

焦らずに落ち着いて、自分の体や心の状態を観察してみてください。

何が目覚めの原因となったのか、

ストレスや不安、過度な疲労などが関わっている場合もあるし、

 寝る前の行動が良くなかったのかもしれません。

一旦冷静になって、分析してみてください。

 

リラックスする

目が覚めてしまったら、リラックスすることが大切。

ベッドから起き上がってしまうと、

さらに目が冴えてしまうことがありますので、

まずはベッドに横になって、深呼吸をするなどして

緊張をほぐしてみてください。

リラックスした状態になって、眠りに戻りやすくなります。

 

照明を避ける

夜中に目が覚めたら、明るい照明やスマホ、パソコンなどの

デバイス類からは目を離しましょう。

明るい光は目を刺激して、体内時計を狂わせるので、

眠りを妨げる原因となります。

暗い環境を保つことで、自然な眠気を促進することができます。

 

ベッドから離れてリラックスする

眠れないときにベッドにじっとしていると、

ますます焦りや不安が増して眠りにくくなることも。

15分以上眠れない場合は、ベッドから離れて

リラックスする場所に移動しましょう。

リビングルームやソファで読書をしたり、

軽いストレッチやヨガを行ったりしてリラックスすることで、

眠りに戻りやすくなります。

キャンドルも揺れる炎に癒されるからおすすめですよ。

(消し忘れないようにしてくださいね)

 

ルーティンを見直す

夜中に目が覚めるのが続く場合は、

日中の生活習慣や睡眠環境を見直すチャンス。

規則正しい生活リズムに整えたり、

日中脳ばかりではなくて身体を動かすようにしたり、

睡眠環境を快適に整えたり、枕を見直してみるのもおすすめ!

環境を変えることで、

夜中に目が覚める頻度を減らすこともできます。

 

寝る前の行動を見直す

夜中に目が覚める原因の一つに、

寝る前の行動が関係している場合もあります。

就寝前に大量の水やカフェイン、アルコールを摂ったり、

激しい運動を寝る前にするのも、眠りが浅くなって

夜中に目が覚める可能性が高まります。

 

寝る2〜3時間前には、食事も終えておくと良いですよ。

寝る前はできるだけ脳をリラックスさせた状態にしてから、

過ごすと、眠りやすくなるし、眠りも深くなります。

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun