いつも眠い気がします

休日前の金曜日。いつもより仕事が早く終わって、早めに就寝!

翌日、たっぷり寝たはずなのになんだか朝になっても昼になっても眠い・・・。

やる気が起こらない・・・。

 

そんな方は、夜、熟眠できていないのかもしれません。

次の中から、思い当たることがないかチェックしてみてください。

 

1 寝室の環境

寝る時のお部屋は明るくありませんか?

電気をつけたまま寝落ちしてしまっていたり、

外からの光が眩しいようであれば、遮光カーテンをつけることで、

熟眠できる環境に。

 

電球はスマート電球がおすすめ!

私は寝る前に読書するので電気をつけていますが、

眠くなったらすぐに電気を消せるように、

スマート電球を使っています。

声で操作できるから、布団から出なくていいんですよね♪

 

スマート電球なら、色味も白っぽくしたり、

夜はオレンジ系の灯りにしたりと

シーンに合わせて変えられるのも便利。

 

お部屋の湿度は低すぎない?

冬であれば、低すぎる湿度も熟睡できない原因に。

加湿器をつけたり、お部屋の広さによっては

湯船に浸かった後、お風呂のドアを開けておくことで

お部屋全体を加湿するとGOOD!

 

2 生活習慣

寝る前のお酒は熟眠の妨げに

寝る直前までお酒を飲んだり、酔っ払うまで飲んでから寝ると

途中で起きてしまったり、眠りが浅くなることがあります。

喉も渇きやすくなったり、トイレに行きたくなって起きてしまうことも。

睡眠のお悩みがある場合は、お酒は少量にしておくのがベストです。

 

寝る時間が不規則

眠る時間が日によって違うと、体内時計が乱れやすくなります。

できるだけ決まった時間に寝て、決まった時間に起きる。

そして起きたらまず太陽の光を浴びるようにすると、

体内時計がリセットされて、快眠につながります。

 

エネルギー不足

人の体には細胞を修復してくれる役割が備わっていますが、

ダイエットなどで脂質、タンパク質、糖質が不足していると

寝ている間に細胞の修復が間に合わず、

疲れが取れない状態に。

ダイエット中の人は、特に栄養には気をつけてくださいね。

戻る