深夜に疲れて帰ってきたのに眠れません

深夜に疲れて帰ってきたのに眠れない…そういう経験、

誰もが一度は経験したことがあるかもしれませんね。

 

疲れているのに眠れない状況は、

ストレス、生活習慣の乱れ、身体的な不調などいろんな要因で起こります。


まず、なぜ深夜に疲れていても眠れないのか考えてみます。

 

一つ目の理由は、ストレス!

日中に溜まったストレスが蓄積されて、

交感神経が昂った状態おで寝ようとしても、

リラックス状態になれないのでなかなか寝つけません。

そして仕事、家庭のこと、人間関係など、

心配事が頭をよぎることも眠りを妨げる要因になります。

 


二つ目の理由は、生活習慣の乱れです。

不規則な生活リズムや過度なストレス、運動不足、食生活の乱れなど、

健康的な生活習慣を守れていないと、睡眠の質が低下しまって

深夜に眠れなくなることがあります。

 

三つ目の理由は、身体的な不調です。

疲れや痛み、消化不良など、身体の不快感が眠りを妨げることがあります。

特に、深夜に疲れて帰ってきたときには、体が緊張状態にあることが多くて、

体の力が抜けずに、眠れなくなることがあります。

 

四つ目の理由は、早く眠らなきゃという義務感。

真面目な人ほど、この時間までに眠らないと!と焦ってしまって、

どんどん頭が冴えてきてしまいます。

次の日の仕事のこと、やらないといけないこと、

深夜に考えすぎてしまって、悩みにつながっていってしまいます。

 

ふと時計を見たら、もうこんな時間!!

早く寝なくちゃ・・・というループに陥ってしまいがちです。



深夜に疲れて帰ってきたときに眠れないという経験は、

誰にでもあることです。

こういう状況に陥ったときには、冷静に原因を考えて

適切な対処法を行うことが大切です。

 

日中は活動的に、できるだけ歩いたり体を動かすようにしてみてください。

一駅前で電車を降りて、歩いて帰るのもいいかも知れません。

日中の過ごし方が、夜の眠りに入る睡眠力を上げてくれます。

 

そして、夜はできるだけリラックスして過ごすこと。

緊張状態のカラダをほぐしてあげられるように、

お風呂に入ったり、キャンドルのゆらゆら揺れる光に癒されたり、

寝る前に好きな香りを嗅ぐことで脳に「寝る時間だよ」と

お知らせしてあげるのもGOOD!

 

健康的な生活習慣で、より良い睡眠を手に入れられますように。

戻る